歴史・沿革

歴史・沿革

商祖「六右衛門」は、近江日野より会津へと移り、天正6年(1578)「冨士屋」として山形で「薬種商」として創業致しました。山形の紅花・麻糸・米等の特産物を京都・大阪へと運び、一方で、京都より呉服物を仕入れ、呉服商及び年貢米にて酒造業等へと商いを広げます。 安政元年(1854)、17代冨田伝兵衛が、山形市六日町に「冨士屋呉服店」の暖簾を揚げ、呉服の専業に一念。今日に至っております。

1578(天正6年) 冨田六右衛門が「冨士屋」を創業。薬種業、酒造業を営む
1854(安政元年) 17代目冨田伝兵衛が「冨士屋呉服店」を開業
1984(昭和59年) 草木染めに着手、「埼玉とみひろ」設立
1986(昭和61年) 「きものブティックろうまん亭」(山形駅前大通り)開店
1993(平成5年) 23代目冨田浩志、関連4社社長就任
1994(平成6年) 労働省国家検定1級和裁士による仕立て部門「和裁工房」を設立
1996(平成8年) イギリス・ドイツにて草木染めのオリジナル紬を初めて発表
1998(平成10年) 山形市馬見ヶ崎に「庭多泉」開店
2001(平成13年) 京都支店開設、自社オリジナル商品製作及び流通改革(メーカーとの直接取引化)に着手
2005(平成17年) 「とみひろ染織工芸」設立。草木染手織り紬の自社製作に本格着手
2007(平成19年) 「振袖いちばん館 山形店」(山形市若宮)開店。振袖事業に着手
2008(平成20年) 紬専門店「とみひろ東京青山店」開店(現「振袖いちばん館 青山店」)
2010(平成22年) 仙台市泉区に「振袖いちばん館 仙台店」開店
2011(平成23年) 「小さな結婚式場 一の糸」オープン
2012(平成24年) 「仙台スタジオポエム」、ロンドンオフィスの開設
2013(平成25年) 「銀座とみひろ」開店
ロンドンで行われた北斎展にてオリジナル訪問着を特別展示
「振袖いちばん館 溝ノ口店」(神奈川)開店
2014(平成26年) 「フォトスタジオフェリーク表参道店」、「振袖いちばん館 仙台フォーラス店」開店
2015(平成27年) 「振袖いちばん館 川越店」(埼玉)を開店
庭多泉店内に「Mulberry Café」開店
2016(平成28年) 「やまがた里山養蚕染織研究所」(山形県白鷹町浅立)を開設
白鷹町十王地区にて養蚕事業に着手
2017(平成29年) 「フォトスタジオフェリーク大宮店」開店

 

Copyright © 2017 TOMIHIRO Co., Ltd., All Rights Reserved.