やまがた里山養蚕染織研究所

2017/7/ 5 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 繭の収穫

山形でも本格的に梅雨に入り、

県内各地に大雨警報が出るあいにくの天気の中、

いよいよ最後の作業、「収繭(しゅうけん)」「選繭(せんけん)」を行いました。

 

P1010216.JPG

 

蔟(まぶし)を解体し、残念ながら死んでしまった蚕・繭が無いか確認していきます。

 

 

P1010247.JPG

こちらは、蔟から繭を外し、毛羽を取っていく秘密兵器です。

 

全国的に養蚕農家が激減したため、現在製造はされていないようで、

元養蚕農家の方が大切に保存していたものを譲っていただきました。

肝心のその秘密兵器を使った作業風景は、夢中のあまり撮れていませんでした!

次回のお楽しみに。

 

 

半日以上をかけて収繭が終わり、選繭の作業に移ります。

P1010228.JPG

選繭というのは、2匹で1つの繭を作ってしまう玉繭、汚れがついてしまった繭、薄い繭などを、

「心を鬼にして」より分けていく作業です。

でも、せっかく育った繭を、規格外だからと捨ててしまうのはしのびない・・・

ということで、

弾かれてしまった繭は、毎回保存し、利用方法を検討しています。

昨年は、地元の方から昔ながらの糸取り方法を聞き、一部試作を行いました。

玉繭からできる節のある糸は、当社で織っているような紬に向き、なんとも言えない良い風合いを出します。

 

雨の音を聞きながら、黙々と作業です。

 

DSC_1573.JPG

IMG_20170705_153103.JPG

つやつやと美しい繭

 

それまでの苦労した日々が、報われる瞬間です!

 

今回は、目標の50kgを少し上回る、54.5kgの繭ができました。

 

「良い着物になりますように」と願いを込めて、養蚕所から出荷です。

 

白鷹担当

2017/6/27 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 繭が生まれる時間

※この記事には、お蚕様の写真が載っています。虫が苦手な方はご注意ください。

 

 

 

お蚕様が、いよいよ繭をつくり始めました!

糸を引き始めたお蚕様は、熟蚕(じゅくさん)といい、身体があめ色に透き通ります。

 

 

P1010146.JPG

 

回転蔟(かいてんまぶし)という、お蚕様が繭をつくる、集合住宅のような道具に振り分けていきます。

この作業は、上蔟(じょうぞく)作業といいます。

大量のお蚕様を振り分ける作業は、なかなかインパクトの強い画面になりますので、今回写真は割愛にて。

 

それぞれのお蚕様が、自分が落ち着く場所を探して動き、繭を作り始めます。

 

 

P1010156.JPG

繭をつくる途中経過。

繭の中で、一生懸命に糸を吐くお蚕様が透けて見えます。

この光景を見れるのは、養蚕をする者の特権です。

 

 

P1010198.JPG

上の写真は、藁蔟(わらまぶし)と言って、昔ながらの道具です。

私たちの養蚕は、こちらも使って、お蚕様に繭を作ってもらいます。

 

 

 

P1010161.JPG

 

部屋いっぱいに、吊るされた回転蔟。

心配していた、薬害・病害に見舞われることもなく、無事に繭ができています。

 

耳を澄ますと、微かに「カシュカシュ・・・」とお蚕様が繭を作る音が聞こえます。

「天の虫」と書いて「蚕」

その名前にふさわしいような、はかなげで澄んだ音です。

 

養蚕所は今、神秘的な時間を迎えています。

 

白鷹担当

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/6/21 | やまがた里山養蚕染織研究所 | お蚕様、食べ盛り

 

※この記事には、お蚕様の画像が含まれています。虫が苦手な方はご注意ください。

 

お蚕様を迎えてから、約20日。

最後の脱皮を経て、1番の食べ盛りです。

一生分の桑の、約90%を最後の10日前後で食べます!

1反分(1000㎡)の桑も、残りわずかになってきました。

 

P1010111.JPG

 

 

一日分の桑がこちら

P1010116.JPG

 

白鷹では、約25,000頭のお蚕様を飼育していますが、

1日に約200kgの桑が必要です! 

日に日にスタッフの筋肉が、たくましくなっていきます。

 

P1010120.JPG

 

P1010124.JPG

 

ぷくぷくと大きく、立派に育ちました!

背中の模様もくっきりと。

元農家の方から、「良い塩梅に育ったなぁ」とお墨付きをいただきました。

 

繭をつくりはじめるまで、あと数日。

「よい繭をつくってくれますように」

と思いを込めながら、お蚕様のお世話もラストスパートです!

 

白鷹担当

 

 

2017/6/13 | やまがた里山養蚕染織研究所 | すくすく育つ、お蚕様 

※この記事には、お蚕様の写真が載っています。苦手な方はご注意ください。

 

お蚕様が来て、10日が過ぎました。

桑園の桑の実も色づいて、桑採取の作業の途中、ちょっとつまみ食い。。

深い紫に熟した実は、やさしい甘さでおいしいです。

P1010064.JPG

 

 

 

最初は1日に、桑を数kgあたえる程度だったお蚕様。

1日60〜70キロぺろりと食べるくらい成長しました。

P1010087.JPG

ひと桑与えることに、目に見えてみるみる大きくなっていくので、

その成長が楽しみで、桑を与える私たちも一層気持ちが入ります。

 

 

 

10日前と比べると、その成長の早さがわかります!

P1010089.JPG

P1010027.JPG ※約10日前、最初のころ。

 

平年より少し寒い日が多い白鷹町。

寒さに負けず、お蚕様はすくすくと育っています。

 

白鷹担当

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/6/ 4 | やまがた里山養蚕染織研究所 | お蚕様をお迎えしました

※今回の記事では、お蚕様の写真をのせています。虫が苦手な方はご注意ください。

6月に入り、急に気温が落ち込んだ白鷹。

季節はずれの寒空の中、25,000頭のお蚕様がやってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1458.JPG

お蚕様は、2回目の脱皮に入る直前に運ばれてきます。

最初のお世話は、蚕座に広げ、部屋を暖め、脱皮を待つことです・・・

 

※お蚕様は、卵から孵って繭をつくるまでに、4回脱皮します。

卵→1齢期→眠・脱皮1→2齢期→眠・脱皮2→3齢期→眠・脱皮3→4齢期→眠・脱皮4→5齢期→熟蚕・繭

1齢期~2・3齢期までは、「稚蚕(ちさん)」と呼ばれ、

とてもデリケートなので、専門の農家さんで育てていただきます。

 

 

 

・・・脱皮が終わったら、いよいよ桑付けです!

タイミングの見極めが大切なので、地元の元養蚕農家さんから、確認していただきながら行います。

P1010023.JPG

 

 

P1010007.JPG

すべてのお蚕様が均等に食べれるよう、丁寧に桑の葉をかけていきます。

 

P1010014.JPG

脱皮明けで1日ぶりの桑なので、あっと言う間に桑の葉は無くなっていきます!!

 

 

P1010027.JPG

まだまだ小さいお蚕様。

これから繭ができるまでの一ヶ月。

お蚕様が気持ちよく成長できるよう、お世話をしていきます!

 

白鷹担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 TOMIHIRO Co., Ltd., All Rights Reserved.