和裁工房

求められる技術力と経験

染織したとみひろ紬は、「和裁工房」で仕立てられます。 職人たちは皆、国より認定された一級和裁士で、作業は分担せず、一人の職人が反物の裁断から縫製までの全てを担当します。 同じ紬と言えど生地は一つひとつ特色があるため、培ってきた感覚でその生地ならではの特徴を見極めながら、手作業で縫製を行います。

完成したとみひろ紬は、お客様に寄りそった仕立てをしているため着心地抜群。手縫いにしか出すことのできない優しい温もりを生み出しています。 職人の長い経験と高い技術力から、訪問着はもちろん、留袖や特殊コート、羽織、単衣といったあらゆる仕立てを承っております。

より永く着て頂くために

「和裁工房」の職人は全員が女性。女性ならではの繊細さを大切にしつつ、一流の職人でなければできない、手と足で生地をピンと張りながら針を通していく"男仕立て"も採用しており、針や糸、コテはもちろん、自分の体も道具にしながら日々仕立ての作業を行っています。

そんな職人たちが願うのは、たくさんの人に、少しでも永く着物を着続けてもらうこと。古くなってしまっても、仕立て直すことで着物は何度でも輝きを放ちます。 この技術力を活かし、後世へ残していける質の高い着物を仕立てていくことがとみひろの使命と考えています。

お仕立て実績

おばあ様のお着物と帯を、お孫様の七五三の晴れ着に仕立て替えしました。お襦袢等はお母様のご意向で、着慣れないお嬢様にも楽にお召し頂けるよう、和裁士が工夫を凝らして仕立てあげました。
バッグもおばあ様のビーズのバッグで、とても良い想い出になったと、喜んで頂きました。

「歳を重ねるとなかなか手が回らず帯を結ぶのが大変になってきて...」とおっしゃるお客様よりご相談がありました。一旦は着物を着ること自体やめようかと考えられたようですが、やっぱり自分で着ものを着たい!とのこと。和裁工房では、簡単に着用できる『つくり帯』をご提案させて頂き、お仕立てさせて頂きました。
今回はお客様より、より簡単に着用したいとのご要望があったため、胴とお太鼓に分かれた、切って仕立てる帯とさせて頂きましたが、帯を切らずに仕立てることも出来ます。

柄合わせの様子です。
振袖は柄をきっちり合わせているところです。

小紋の柄合わせは和裁士の腕の見せ所です。
訪問着風にとのお客様のご要望に対応しております。

こちらはお客様から送って頂いたお写真です。
障害をお持ちで車いすで生活されていらっしゃいます。和裁工房では担当者から相談を受け、お写真のお嬢様と健常者のご姉妹様が共に着ることのできる振袖をご提案し、仕立てる運びとなりました。

お嬢様、ご両親が、是非喜びを伝えたいと、わざわざ仙台から山形の和裁工房まで足を運んでくださいました。お客様と直接お話しをさせて頂く機会など滅多にありませんので、ご家族様のご来訪は、和裁士みな、感激でした

和裁士募集

和裁工房で共に技術を磨きましょう!!
手に職を持ちませんか? 未経験の方・やる気のある方、ご連絡ください!

あなたの手が日本の伝統技術を守ります。

詳しくは、023-674-6255 までご連絡ください。

和裁工房

TEL023-674-6255
住所〒990-0031
山形県山形市十日町4丁目1-3 2階
営業時間9:00〜17:30
定休日土曜不定休・日・祝祭日
ブログはこちら

Copyright © 2017 TOMIHIRO Co., Ltd., All Rights Reserved.