やまがた里山養蚕染織研究所

2020/2/25 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 「美しいキモノ」掲載 / イベントのお知らせ

いつになく暖かい冬ですね。

雪の少なさに驚きつつも、染めがしやすくて助かっております。

 

先日は工房の庭にアカゲラさんが遊びに来てくれました。

 

0222-1.jpg

 

 

さて、先日発売になりました「美しいキモノ」春号

今回は雰囲気の違う縦縞の着物が二点掲載されております。

 

0222-2.JPG

 

百合の花をイメージした柔らかなピンクの着物

春の訪れを告げるふきのとうを表した淡いオレンジの着物

ぜひ本誌でご確認ください!

 

そして来月、庭多泉でのイベントが決定しております!

 

0222-3.JPG

 

工房メンバーも日替わりでお邪魔します。

作品たちに込めた想いやストーリーを直接お届けできるなかなか無い機会に

メンバー一同も楽しみにしております。

詳しくは庭多泉店(TEL:023-681-4885)にお問い合わせいただくか、

庭多泉店ブログをご覧ください!

 

 

 

2019/10/29 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 「着物の日」イベントのお知らせ

 

1029-1.JPG

 

遠くの山々が段々と色付いてきました。

山形の秋は本当にあっという間です。

 

先週、銀座にて開催されました「貝紫展」

ご来場された皆様、本当にありがとうございました。

 

IMG_3219.JPG

 

工房の着物や帯を着て来てくださった方にもお会いできて、

喜びと同時に一層精進せねばと気の引き締まる思いでした。

 

1029-3.JPG

 

さて、今週末は山形でのイベントです。

庭多泉で11月2日(土)に開催される「着物の日」

私たち染織工芸も「草木染め体験」のコーナーで参加いたします!

割り箸や輪ゴムを使った簡単な絞り染めで半襟を染められます。

 

1029-4.JPG

(色は2種類からお選びいただけます)

 

予約制になりますので、詳しくは庭多泉までお問い合わせください。

(お問い合わせはこちら

 

 

私達以外にも和裁工房の半襟付けや養蚕部の展示など、

普段お客様となかなかお会いできない職人達が皆様をお待ちしています。

是非遊びに来てください!

 

 

 

2019/10/10 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 貝紫展のお知らせ

こんにちは、染織工芸です。

 

1009-1.JPG

 

朝晩はすっかり寒くなり、そろそろ冬支度を始めなければ…と

そわそわしてしまいます。

 

早いもので10月も半ばに差し掛かってきました。

今月末には以前ご紹介した貝紫展が開催されます。

 

1009-2.JPG

貝紫展

2019年10月24日~10月27日 銀座かねまつホール

くわしくはこちら

 

1009-3.JPG

 

貝紫という、そのものが力を持つ色をどう活かしていくか…

試行錯誤の末に織りあがった作品の数々をお見せできる機会を迎えられること

本当に嬉しく思っています。

私たちがひとつひとつの作品にこめた思いやストーリーを

ぜひ会場でご覧ください。

 

 

 

2019/8/23 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 「美しいキモノ」掲載のお知らせ

こんにちは、染織工芸です。

お盆が明けましたが、ジメジメとした暑さはまだ続きそうですね。

 

0822-1.JPG

 

 

今工房は藍の収穫や養蚕の準備など、

染め織り以外にもやることが盛りだくさんです。

 

0822-2.JPG

 

さて、今月20日に発売されました「美しいキモノ」秋号に

工房で織った着物が掲載されています。(P.88~89)

 

0822-3.JPG

 

「映」と名付けられた黄緑色の着物は、色の濃淡で織られた地模様に注目していただきたい一品です。

そして「霞」という名のグレー地に赤茶の縦縞の着物は、ところどころに挿された色糸が遠くにかすむ景色を表しています。

どちらもぜひ手にとって見ていただきたい作品です。

 

そして工房では、同ページにお知らせしています「貝紫展」に向けて誠意制作中です。

 

0822-4.JPG

 

メンバーがそれぞれ個性を生かした作品の数々をぜひ見にお越しください!

2019/5/10 | やまがた里山養蚕染織研究所 | 小さな畑 種まき

 

 

日増しに暖かくなり

 

工房のお庭では満開のツツジが賑わい

 

新緑の色彩が美しい季節となりました。

 

 

CIMG3391.JPG

 

 

 

4月の下旬、工房の小さな畑では

恒例となっている種まきをしました。

 

 

 

CIMG3322.JPG

▲昨年、収穫した藍の種。

 

 

 

CIMG3327.JPG

▲こちらは小鮒草(コブナグサ)の種。細長い形をしています。

 

 

 

2週間ほど・・・ときは経ち

畑の表面を目を凝らしてさがすと・・・

 

待ちわびた、小さな小さな芽が出ていました。

 

 

 

CIMG3351.JPG

▲藍の芽

 

 

CIMG3344.JPG

▲小鮒草の芽

 

 

 

藍は夏の生葉染めに

小鮒草は秋に、葉と茎を染料に使います。

 

日々、成長する姿を楽しみに

収穫のときまで大切に育てていきたいと思います。

 

 

Copyright © TOMIHIRO Co., Ltd., All Rights Reserved.