ニュースリリース

2020/10/22 | ニュースリリース | 山形大の重粒子センター デザインサポート | つばめと

2021年、東北初の重粒子線治療センターが誕生します。
 
その山形大学医学部附属病院の新施設「東日本重粒子センター」の
ロゴマークとピクトグラムのデザインを
東北芸術工科大学 グラフィックデザイン学科の原 高史教授 監修の元、
弊社デザイン部「つばめと」も制作に携わりました。
 
DSC_0188a.jpg
 
DSC_0175a.jpg
 
DSC_0161a.jpg
 
 
 
「東日本重粒子センター」は、
重粒子線と呼ばれる放射線を使ったがん治療の施設で、
東北地方に初めて整備され、
その一部が先日10月20日に報道機関に公開されました。
 
DSC_0201a.jpg
 
先端性、未来性、戦う勇気、旅などをテーマに
宇宙船(スペースシップ)をイメージしたデザイン。
 
重粒子センターは2021年2月に開業予定です。
 
 
 
 
 
 
山大医学部と芸工大では
施設の増改築などで巨大迷路化した病院内を、
3年前より「院内サインのリデザイン」を共同プロジェクトとして取り組んでおり、
目的地までスムーズに誘導するサインを、サスティナブルな視点で刷新。
 
仄暗かった病院内が、カラフルな色が目的地まで導くような、
明るく楽しい空間に設計されました。
 
 
また、院内サインだけではなく、
入院する患者さん、病院に訪れる方、関わる方すべての気持ちが少しでも明るく、
貴重な時間を過ごせるような空間作りなども行われ、
それらは「YUMe Project」として展開しています。
 
yume.jpg
 
つばめとはYUMe Projectのデザイン制作にも携わらせていただいておりました。
 
デザインがどう役に立つか改めて考える、貴重な制作でした。

2020/10/19 | ニュースリリース | 【旧奥山邸関連情報】結城豊太郎記念館で企画展

弊社の新たな取り組みである古民家再生事業

「白鷹町 旧奥山源内邸プロジェクト(仮称)に関連し、

南陽市・結城豊太郎記念館にて、奥山源内ゆかりの資料をご覧いただける

企画展が開催されます。

_

企画展〈結城先生が生きた明治・大正・昭和〉

(会場)南陽市立結城豊太郎記念館

(会期)2020年10月20日〜12月20日

※月曜休館

_

 

また、展示について

詳細記事が山形新聞朝刊(10月19日地域欄)にて掲載されております。

そちらもぜひご覧くださいませ。

 

IMG_8347.jpg

 

 

 

 

2020/10/14 | ニュースリリース | 山形掃除に学ぶ会 / 活動報告

当社代表取締役社長・冨田浩志が代表世話人を務める

「山形掃除に学ぶ会」では、今期も県内各地で清掃活動を行っております。

 

毎月第二水曜開催の「山形駅前街頭清掃」では、今月も10月14日(水)早朝5時半から多くのボランティアの方が集い、ごみ拾いや雑草の除去作業を行いました。

(適切な距離を取り、会話を出来る限り避ける等、感染症対策に留意して活動しております)

 

IMG_8302.jpg

IMG_8298.jpg

IMG_8300.jpg

IMG_8299.jpg

 

 

「山形掃除に学ぶ会」の母体である「日本を美しくする会」は今年7月、

長年に渡り環境保全に取り組んできたとして、環境大臣より功労者表彰を拝受いたしました。

ひとえに皆様の常日頃のご協力の賜物であり、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

 

また、先日の出羽三山神社の清掃奉仕活動について

「日本を美しくする会」公式HPに報告記事が掲載されております。

こちらもぜひご覧くださいませ。

日本を美しくする会 公式HP

 

 

 

 

2020/10/ 6 | ニュースリリース | ゆかたの日/きもの業界紙「染織新報」に掲載

10月6日発行のきもの業界専門紙「染織新報」に、

弊社の取り組むイベント「ゆかたの日」の記事が掲載されました。

_

染織新報(染織新報社)

10月6日(火)2面

〈ゆかた姿で「夏の思い出」を 

店内イベント、顧客に好評 とみひろグループ〉

_

 

IMG_8280.jpg

 

「ゆかたの日」は着物や浴衣を気軽に楽しむ1日として、

和裁士による実演や染織体験、当社「マルベリーカフェ」の特製ランチなど

様々なコーナーをお楽しみいただける人気イベントです。

 

次回は11月1日(日)、とみひろ庭多泉店(山形市馬見ヶ崎)にて

「きものの日」を開催予定です。

お知らせは随時更新予定ですので、ぜひご覧くださいませ。

↓ ↓

・庭多泉公式インスタグラム

・庭多泉ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/10/ 5 | ニュースリリース | 羽黒山・出羽三山神社 鏡池の清掃奉仕活動

当社代表取締役社長・冨田浩志が代表世話人を務める

「山形掃除に学ぶ会」では、今年も先日10月4日(日)に

出羽三山神社の鏡池・境内の清掃活動を開催しました。

 

 

 

三神合祭殿の前にある「羽黒山」は羽黒山の御神体の池として

古くから羽黒信仰の中心とされてきましたが、現在は河骨(こうほね)という植物で一面がびっしりと覆われてしまっています。

「元の美しい水面を取り戻そう」と有志を募って始まったこの活動は

毎年恒例となり、今回で5年目を数えました。

感染症の状況もあり、今年は開催が危ぶまれましたが

人数を縮小し、時期も6月から変更し、対策を行った上で実現することができました。

 

 

鏡池は一般人が通常立ち入れない聖域ということもあり、最初に全員で昇殿参拝。

作業の安全と成功を祈り、清掃スタートです。

 

 

 

掃除中.JPG

 

河骨除去中.JPG

 

 

男性陣は池を覆う「河骨(こうほね)」の根と堆積物を除去する作業。

胴長を着用して腰まで水に浸かり、根を切り、掘り出し、運び出し…を繰り返します。

 

 

玉垣洗浄.JPG

 

 

一方女性陣は、池周りの玉垣(石でできた柵)の洗浄。

こびりついた緑の汚れを丁寧に落としていきます。

 

 

 

今回は初めて、山形中央高校野球部の生徒さんが参加しました。

皆さん泥だらけになりながらも、互いに声をかけ合って作業し

活気に溢れた現場になりました。

 

山形中央高校野球部.png

 

 

作業後は羽黒山「斎館」で、名物の精進料理をいただきます。

山の恵みが、気持ちよく疲れた体に染み渡りました。

 

 

IMG_8259.jpg

 

 

 

 

ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今後の予定は状況により検討となりますが、

次の機会もご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

DSC_0421a.jpg

 

 

 

 

 

〈※追記〉掲載情報

 

2020年10月8日(木)の

山形新聞朝刊 地域欄に記事が掲載されました。

ぜひご覧くださいませ。

 

 

Copyright © TOMIHIRO Co., Ltd., All Rights Reserved.